糖尿病




原因

猫もヒトも、糖分を摂取すると腸でブドウ糖として吸収され、血液中のブドウ糖の濃度が上がります。このブドウ糖は正常では膵臓と呼ばれる臓器から分泌されるホルモンであるインスリンによって血液中から諸臓器へと取り込まれていきます。このインスリンの作用によって、諸臓器において血中の糖を効率よく利用することができるのです。
しかし、何らかの理由でこのインスリンの作用が上手く働かなくなった場合に糖尿病と呼ばれる状態になります。

ヒトでは糖尿病は二つに分けられ、一つはインスリンを作る膵臓が何らかの要因(主に免疫学的機序によると考えられています)によってインスリン自体が不足してしまう1型糖尿病、もう一つは遺伝的な要因に加え生活習慣(高カロリーな食事、脂肪分の多い食事、運動不足など)によってインスリンの分泌量が減少し、インスリンの効きも悪くなることで起こる2型糖尿病です。
わんちゃんは1型糖尿病の場合が多いのですが、ねこちゃんでは逆に2型糖尿病が多いとされています。
つまり、ねこちゃんもヒトと同じように肥満や運動不足、ストレスによって糖尿病となるリスクが上がってしまうのです。

症状

・多飲多尿(おしっこの量が増加し、水の飲む量も増加します)
・多食
・体重減少
・後肢の脱力(後ろ足がかかとまでついてしまいます。)

診断

血液検査とおしっこの検査によって診断されます。




治療

糖尿病となってしまったねこちゃんは、完治しないことが多いです。
ねこちゃんでも人と同じように血糖値を下げるインスリンを毎日打つことで治療していくのですが、完全に病気を治すことを目指すのではなく、病気と上手く付き合っていくことになります。
また、治療の初めにはどのようなインスリンを(インスリンにもどのくらいの時間効くのかなどで種類があります)どの間隔で(1日に1回なのか2回なのか)注射すれば糖尿病をコントロールできるのか調べるために入院しなくてはならないこともあります。
また、糖尿病は毎日の一生の投薬が必要になることもあり、飼い主様の協力が不可欠です。

獣医師の先生と相談しながら、飼い主様に無理がない範囲での投薬方法を考えて行ってください。

合併症

治療の途中で、ねこちゃんのインスリンへの感受性が変わったり(同じ量で打ち続けても急に効きが悪くなったり、逆に効きすぎて低血糖になることがあります。)、インスリンを打ち忘れて急激に血糖値が上昇し、糖尿病性ケトアシドーシスや高浸透圧性昏睡などと呼ばれる命に関わる状態になってしまうことがあります。糖尿病を治療しているねこちゃんが急にしんどそうになった場合はできるだけ早く獣医さんに見せてあげてください。




    コメントを残す