猫の尿石症




猫の尿石症の概要

おしっこは、腎臓で作られ尿管と呼ばれる管を経て膀胱に蓄えられます。そして、排尿時には膀胱から尿道を通って外へ排泄されます。
尿石症とは結石と呼ばれる小さな石が腎臓から尿道までのどこかに存在してしまっている状態のことです。

一般に、メスで多いと言われていますが、オスの方が尿道の構造上症状が現れやすいとされています。

結石の成分に応じて、原因や治療方法は異なります。ですが尿石症に伴う症状と診断方法は似ているので、まずどのような症状が見られ、どうやって診断するのかの話をした後、それぞれの成分に応じて詳しく説明していきます。

猫の尿石症の症状

・腎臓〜尿管に結石がある場合:血尿や背部痛(症状を示さない場合もある)
・膀胱〜尿道に結石がある場合:血尿、頻尿、悪臭、混濁尿やしぶり(おしっこしにくそうな様子)など
※閉塞した場合:閉塞とは、結石が尿管や尿道に詰まりおしっこの流れをせき止めてしまった状態のことです。
おしっこが流れなくなると、体の中の老廃物を外に出せなくなるため、食欲や元気がなくなったり、嘔吐してしまいます。

猫の尿石症の診断方法

動物病院では、おしっこの検査、レントゲン検査、超音波の検査などが行われます。
おしっこの検査:おしっこのpHや細菌性膀胱炎になっていないかどうか、どのような結晶が含まれているか、が調べられます。
レントゲン検査:お腹の中に結石があるとレントゲンで見つけられます。ただ、結石の種類によっては見えなかったり、大きさが小さくても見えなかったりします(大体1-3mm以下だと見えません)。
超音波検査:レントゲンでは見えない結石でも見えたり、閉塞があるかどうかも調べることができます。




結石の種類

結石の種類にかかわらず、水をあまり飲まなかったり、太っている場合には起きやすいと言われています。なので、新鮮な水をおいてあげることやダイエットは重要です。

リン酸アンモニウムマグネシウム(ストルバイト)

原因:

おしっこのpHは健康な子では6くらいと弱酸性に保たれています。
ストルバイト結石は尿中のpHが塩基性(8くらい)になるとできることが知られています。
例えば、食事内容によっては食後に尿が塩基性になることがあると知られています。また、他のねこちゃんと同じものを食べていても生まれつき結石ができやすい体質の子もいます。
また、細菌性膀胱炎になった場合、原因となった菌の種類によっては(ブドウ球菌など)おしっこが塩基性になり、結石ができてしまいます。
まとめると、結石ができる原因としては遺伝性(生まれつきのもの)、食事性、感染性のものがあります。

治療:

ストルバイト結石の場合は、多くが食事を変えることで良くなることが知られています。
なので、大手メーカーさんはストルバイト結石を溶かすため専用のご飯を作っています。この食事を食べることでおしっこのpHが酸性になり、ストルバイト結石が溶けることが証明されているので、まずは食事を変えることで治療します。
ただ、細菌性膀胱炎がある場合は抗生物質などを使って治療します。
また、食事を変えても全然食べてくれない場合や閉塞してしまっている場合などは手術が必要になる場合もあります。

シュウ酸カルシウム

原因:

おしっこのpHが下がるとできることが知られていますが、詳しい原因はわかっていません。
ストルバイト治療の食事を上げ続けるとできることがあるとも言われています。

治療:

シュウ酸カルシウムはストルバイトと違い、食事で溶かすことができません。
そのため、根本的に治療するためには外科手術をする必要があります。ただし、ねこちゃんの負担や費用面から結石をそれ以上大きくしないで維持する場合もあります。
療法食として、pHを一定に保ち結石をできにくくする効果があるものがあるため、そういった食事に変更します。

その他

その他にも幾つかの種類の結石がしられていますが、1.2.の2つで結石全体の8−9割を占めるため、ここでは詳細は記載しません。

まとめ

結石は種類によって治療法が異なりますが、大きさやできた場所によっても選択する治療法は異なります。
どのような治療法を選択していくかは獣医師さんと相談してみてください。

 




    コメントを残す