心臓の働き




心臓の働き

心臓は生命が生まれて一生を終えるまで動き続ける臓器で、血液を全身で循環させるための大事な臓器です。知っている人も多いと思いますが、心臓は4つの部屋に分かれています。 心室と心房と呼ばれる部屋が左右にあるため計4つとなっています。血液は心臓の左心室から外に出ます。左心室から出た血液は大動脈に行き、そこから様々な臓器に送るために動脈が枝分かれします。血液は各臓器に酸素を送った後に臓器から外に出ます。臓器から出た血液は静脈に行き、それぞれの静脈が合流して最終的に右心房に返ってきます。右心房から右心室に流れ、右心室から再び心臓の外に出ます。次は肺動脈という血管から肺へと血液が流れます。肺までたどり着いた血液は酸素が少なくなっているため肺で酸素を受け取ります。 酸素が十分に満たされた血液は肺から出て肺静脈と呼ばれる血管から左心房へと流れます。 そして左心房から左心室に血液が流れ、再び心臓の外へ出て全身へと流れます。 心臓は絶えずポンプとして全身の臓器へと血液を循環させる大切な臓器なのです。

 

 

    質問コーナー

    ペットに関する悩み事を相談を受けつけております。

    以下のフォームから質問内容をご記入ください

    ※少人数の獣医師で回答を担当しておりますので、返信に時間を要する場合がございます。

    ※質問の内容によっては、お答えできない場合がございます。





    クイズ(海外からのスパム防止のため、漢字でお答えください)(必須)




    コメントを残す