ナマケモノの死因は、超ユニーク!②




ナマケモノ

ナマケモノは、食べているのに餓死をする!!

という衝撃の事実を、前回はご紹介いたしました。

周りのヒトでそのような死を遂げた方のお話、聞いたことありますか?

もしいらっしゃる方は、どうかご一報下さると衝撃で震えます。

 

実は他にも、ナマケモノにはユニークな死因があるのです。

 

【ナマケモノは、動きすぎると死んでしまう?!】

前回の記事で、ナマケモノは変温動物だと紹介しました。

寒いと体温が下がり、暑いと体温が上がります。

ナマケモノは、動きすぎて体温が上がると、熱中症になって死んでしまうのです。

つまり、ナマケモノが怠け者なのは、生きるため!

では、どういう時に動きすぎるのでしょうか?

ナマケモノの移動速度は、通常で時速16メートル

キロメートルではなく、メートルですよ。

ナマケモノは、のんびり屋さんで雅な生物なのでおじゃります。

がしかし!

そんなのんびり屋さんのナマケモノも、外敵から逃げる時には本気を出します!!

その時の逃げ足は、なんと、時速180メートル !!

本気モードになると、1分間で3メートルも動けるのです。

…遅いと思ったそこのあなた、ナマケモノの気持ちになって想像してみて下さい。

通常時の10倍の速度で動くのですよ。

ナマケモノ的には頑張っているのです。

 

「生物多様性」って、いい言葉ですね。

 







    コメントを残す