会陰ヘルニア




会陰ヘルニアの概要

会陰ヘルニアはおしりのまわりにある筋肉が弱くなってしまい、おなかの中にある腸などが外に出てしまう病気をいいます。高齢で去勢をしていないわんちゃんに発生が多いといわれています。お尻周りで腫れてる場合にはこの病気である可能性があります。おなかの中から外に出てしまう臓器としては、直腸や膀胱、前立腺、脂肪などがあります。おしりが腫れているだけの場合もありますが、膀胱や腸などが出ている場合には尿が出なかったり、うんちが出なかったりします。この病気は基本的には外科的な手術によって治療します。具体的な内容としては、おしりの周囲にあるその他の筋肉などを使って欠損している部位を閉じてやるといった方法です。欠損している状態によりその手術の難易度は変わるため再発してしまう場合もありますが、欠損が軽度の時に手術を行うことで再発のリスクを下げることが推奨されます。


 

 

 

 

 


 

 


 

 

 




    コメントを残す