愛猫のおしっこに結石が出ていると言われました。療法食を生涯続けることになるのでしょうか?

5歳の雑種猫を飼っているのですが、おしっこにストルバイトという結石がでていると言われました。食餌を療法食に変更すれば治るそうなのですが、その療法食は生涯続けることになってしまうのでしょうか。

ご質問ありがとうございます。
まず、尿石症の中でもストルバイトができやすくなる原因として通常弱酸性の尿がアルカリ性になってしまうことがあげられます。
そのため、ストルバイトは尿を酸性に戻せば溶け、
尿とともに出ていくことが多いため、尿を酸性にするフードが用いられます。 (①例えばHills社のs/dなど)
しかし、
尿を酸性にすると今後はシュウ酸カルシウムと呼ばれる結石ができる可能性が出てきます(シュウ酸カルシウム結石ができる原因には他にもミネラルのバランスなど複雑な要因が考えられています。)。
これは食事を変えても溶けることはないため最悪手術が必要になる可能性があります。
そこで、尿を酸性にしすぎずシュウ酸カルシウムができにくい様にミネラルのバランスが整えられたフードが販売されています。(②例えばHills社のc/dやRoyal canin社のpHコントロールなど)

そうだったんですね!ちなみに、療法食を食べているときはおやつは禁止なんでしょうか?

そうですね。。基本的には療法食だけを食べていくことになります。また、尿石症の原因にはフード以外にも肥満や水分が足りていない場合もあるので、水を切らさない様にすることや、ドライからウェットフードへの変更が必要な場合もあります。

そうなんですね、うちの子の食いつきを見ながら一番お気に入りなご飯をさがしてみます!

LINE相談はこちらから

獣医師が無料でオンライン相談を実施しております。お気軽に尋ねください。

以下よりLINEの友だちに追加し、案内に従いご相談ください。

 

友だち追加

この記事を書いた人

獣医師執筆のペットの情報サイト【ANICLE】の運営チームです。

コメント

コメントする

目次
閉じる