進行性網膜萎縮症と診断されました




質問者
3歳のミニチュアダックスを飼っていのですが、進行性網膜萎縮症により左目を失明していると診断されました。今後右目も失明してしまう可能性が高く、治療法は無いとも言われました。何か、飼い主としてできることは無いのでしょうか。
あき
ご質問ありがとうございます。
進行性網膜萎縮症は、目の中の網膜と呼ばれるモノを見るために必須の部分が何らかの原因で変性してしまい、視力が無くなってしまう病気です。この変性は「進行性」の言葉どおり、どんどん進行し、最初は症状が片目だけでもいずれ、もう片方の目にも同じ症状が出ることがわかっています。原因ははっきりとはわかっていませんが、遺伝的なものではないかと言われています。
質問者様が通われた獣医さんが仰る通り治療法はなく、さらに網膜の変性によって白内障や緑内障などを起こしてしまう可能性もあると言われています。
治療法はありませんが、わんちゃんはヒトよりもあまり視力に依存しておらず視力を失っても慣れた環境であればスムーズに行動できることが多いです。そのため、わんちゃんが動く範囲ではあまり模様替えをしないことや落とし物をしないことがわんちゃんのためになります。
お大事にしてください。




    コメントを残す