点滴や注射をする際に毛をバリカンで刈るべきでしょうか?

飼い主のアイコン画像飼い主

犬の前脚に点滴や注射をする際、毛をバリカンで刈る病院と刈らない病院があります。どちらが正しいやり方ですか?

獣医師のアイコン画像獣医師

ご相談ありがとうございます。
前脚から点滴をする場合、プラスチックの針を血管内に入れて、テープで固定します(これを留置といいます)。
獣医療の立場からすると、毛を刈る方が安全性が高いと思います。
その理由としては、
1.毛を刈る方が丁寧に消毒ができるため、衛生的であること
2.テープで固定する際に、毛がない方がしっかりと固定できること
3.獣医師が留置をする際に、挿入しやすいこと
(小型犬では血管がかなり細いときもあり、留置が難しいことがあります)
などが挙げられます。

獣医師のアイコン画像獣医師

毛を刈らないメリットは、見た目の問題だけですが、
腕回りがはげちゃっていると、気になっちゃいますよね。

健康な子であれば、毛を刈らなくても感染などが起こる可能性は低いのも事実です。
毛を刈るメリットがそこまでない場合もありますので、そういった時には見た目のことも考えて、毛を刈らずに留置を行います。

どちらが良いかと言われれば、毛を刈る方が良いですが、
健康な子の場合は、毛を刈らない選択肢もありだと思います。

LINE相談はこちらから

獣医師が無料でオンライン相談を実施しております。お気軽に尋ねください。

以下よりLINEの友だちに追加し、案内に従いご相談ください。

 

友だち追加

この記事を書いた人

獣医師執筆のペットの情報サイト【ANICLE】の運営チームです。

コメント

コメントする

目次
閉じる