急性膵炎

目次

犬の急性膵炎の原因

明確な原因は不明です。
人では胆石やアルコールがその主な原因とされていますが、わんちゃん、ねこちゃんでそれらが原因となることは稀です。
いくつかの危険因子(これらを満たしていると膵炎を発症しやすい要因)は知られています

犬の急性膵炎の危険因子

(これらを満たしていれば必ず膵炎になる訳ではありません)
品種 ヨークシャーテリア、ミニチュアシュナウザー
食事 高脂肪食
基礎疾患 肥満、高脂血症、糖尿病、副腎皮質機能亢進症、甲状腺機能低下症、胃腸・胆道系疾患etc
薬剤
L-アスパラギナーゼ、副腎皮質ステロイド剤、アザチオプリン
これらの中で、飼い主様が気をつけられる項目としては食事が挙げられます。
一般的なドッグフードが高脂肪食に当たることはほとんどありませんが、人の食べ物をつまみ食いしてしまった場合(肉やフライドポテトなど)には注意が必要です。

犬の急性膵炎の症状

様々な症状が認められますが、下記の順に発生割合が多いです。
食欲低下、嘔吐、衰弱、腹痛、下痢、発熱、黄疸(ネコでは流涎、悪心も多いです)
食欲低下や嘔吐はわかりやすいですが、腹痛はどうすればわかるのだろうと思われるかもしれません。
実は、わんちゃんは時にお腹が痛いと祈りのポーズと呼ばれる動作をすることもあるので、注意して観察してあげてください。

犬の急性膵炎の診断

動物病院では、血液検査や超音波検査が主に診断のために用いられます。

犬の急性膵炎の治療

急性膵炎になってしまった場合は、基本的には入院が必要になります。
入院して、点滴をしたり、吐き気止めや抗生剤、鎮痛剤などを投与する必要があります。
これらの処置をしない場合、膵臓で始まった炎症が全身に波及してしまい命に関わることもあるため、上記のような症状を認めた場合には動物病院に行かれることをおすすめします。

LINE相談はこちらから

獣医師が無料でオンライン相談を実施しております。お気軽に尋ねください。

以下よりLINEの友だちに追加し、案内に従いご相談ください。

 

友だち追加

この記事を書いた人

【経歴】
北海道大学獣医学部卒
東京大学獣医内科学研究室博士課程
【所属学会・資格】
アメリカ獣医内科学会
【得意分野】
一般内科学、血液腫瘍学

コメント

コメントする

目次
閉じる