細菌性皮膚炎

細菌性皮膚炎とは?

細菌性皮膚疾患は、その名の通り、細菌によって引き起こされる皮膚の病気です。主な原因となる細菌は、ブドウ球菌と呼ばれる菌です。このブドウ球菌が皮膚の比較的表面で感染したものを表在性膿皮症といい、深い部分で感染したものを深在性膿皮症と呼びます。皮膚が細菌に感染する原因としては、慢性的に湿った状態になっている場合や免疫不全な状態となっている場合などがあります。他にも過度なブラッシングによる皮膚の損傷や手入れ不足による汚れなどが原因で起こる場合もあります。

細菌性皮膚炎の症状と治療

症状としては、皮膚が炎症を起こしたり、脱毛を生じたりなどがみられます。また、わんちゃんは感染した部位を気にして舐めたがることもあります。治療法としては、感染部位の毛を刈り、消毒薬などを用いて洗浄し、抗菌剤が入った軟膏を塗ってあげることです。もしも病変が全身にある場合には、抗菌剤を投与する必要があります。この場合には、1週間程度は投与を続け、完全に細菌を殺すことが重要です。

 

    LINEペット相談

    Lineによる質問コーナーを始めました!

    ペットに関する悩みはありませんか?健康のこと、病気のこと、栄養のことなど様々な質問をお待ちしております。以下の友達ボタンから追加の上、メッセージをお送りください!

    友だち追加

    ※少人数の獣医師で回答を担当しておりますので、返信に時間(1週間以内を目安)を要する場合がございます。

    ※質問の内容によっては、お答えできない場合がございますので、ご了承ください。

    ※相談に関連する写真や動画などの添付も受け付けております。




    コメントを残す