成長期に必要な栄養管理 -カルシウムとリンー

成長期の犬に与える食事中には、適切な量のカルシウムとリンが含まれていなくてはなりません。The Association of American Feed Control Officials’s(AAFCO’s)と呼ばれるアメリカの団体は、乾物中の1%のカルシウムと0.8%のリンが含まれている必要があると述べています。しかし、大型犬や超大型犬にとっては、この割合よりも少なくてもよいのではないかといわれています。そのため、成長期用にしっかりと栄養素が含まれている総合栄養食を食べている場合には、カルシウムやリンのサプリメントは不必要であるといわれています。大型犬では、カルシウムやリンが過剰となってしまうと、逆に成長期の骨格異常につながるかもしれないため、注意が必要です。

LINE相談はこちらから

獣医師が無料でオンライン相談を実施しております。お気軽に尋ねください。

以下よりLINEの友だちに追加し、案内に従いご相談ください。

 

友だち追加

この記事を書いた人

【経歴】
北海道大学獣医学部卒、東京大学獣医外科研究室博士課程
米国ペンシルバニア大学客員研究員
【所属学会・資格等】
eterinary Cancer Society(獣医がん学会)
【得意分野】
腫瘍学、免疫学

コメント

コメントする

目次
閉じる