成長期に必要な栄養管理 -カルシウムとリンー




成長期の犬に与える食事中には、適切な量のカルシウムとリンが含まれていなくてはなりません。The Association of American Feed Control Officials’s(AAFCO’s)と呼ばれるアメリカの団体は、乾物中の1%のカルシウムと0.8%のリンが含まれている必要があると述べています。しかし、大型犬や超大型犬にとっては、この割合よりも少なくてもよいのではないかといわれています。そのため、成長期用にしっかりと栄養素が含まれている総合栄養食を食べている場合には、カルシウムやリンのサプリメントは不必要であるといわれています。大型犬では、カルシウムやリンが過剰となってしまうと、逆に成長期の骨格異常につながるかもしれないため、注意が必要です。




    コメントを残す