成長期に必要な栄養管理 -カルシウムとリンー

成長期の犬に与える食事中には、適切な量のカルシウムとリンが含まれていなくてはなりません。The Association of American Feed Control Officials’s(AAFCO’s)と呼ばれるアメリカの団体は、乾物中の1%のカルシウムと0.8%のリンが含まれている必要があると述べています。しかし、大型犬や超大型犬にとっては、この割合よりも少なくてもよいのではないかといわれています。そのため、成長期用にしっかりと栄養素が含まれている総合栄養食を食べている場合には、カルシウムやリンのサプリメントは不必要であるといわれています。大型犬では、カルシウムやリンが過剰となってしまうと、逆に成長期の骨格異常につながるかもしれないため、注意が必要です。

    LINEペット相談

    Lineによる質問コーナーを始めました!

    ペットに関する悩みはありませんか?健康のこと、病気のこと、栄養のことなど様々な質問をお待ちしております。以下の友達ボタンから追加の上、メッセージをお送りください!

    友だち追加

    ※少人数の獣医師で回答を担当しておりますので、返信に時間(1週間以内を目安)を要する場合がございます。

    ※質問の内容によっては、お答えできない場合がございますので、ご了承ください。

    ※相談に関連する写真や動画などの添付も受け付けております。




    コメントを残す