犬のがんの概要

「がん」という病気はみなさんのイメージ通り非常に怖い病気です。日本人の死因の第1位も「がん」であることも有名なことかと思います。そしてこれは獣医療でも当てはまり、今や犬や猫の死因の第1位も「がん」であるといわれています。医療や獣医療の発展に伴って感染症をはじめとした多くの病気が治療可能となってきている一方で、「がん」に対してはまだまだ打ち勝つことができません。「がん」は私たちや動物たちの身体を構成する細胞が無秩序に無限に増殖する能力をもったものをいいます。そして、「がん」細胞はみるみるうちに大きくなり正常な組織に障害を及ぼします。やがては肺などに転移し、最終的に死に至る病です。

犬のがんの種類

皮膚にできるがん

  • 肥満細胞腫 (Mast cell tumor)
  • 脂肪腫 (Lipoma)
  • 組織球腫 (Histiocytoma)
  • 肛門周囲腺腫 (Perinal gland adenoma)
  • 皮脂腺過形成 (Sebaceous gland hyperplasia/adenoma)
  • 扁平上皮癌 (Squamous cell carcinoma)
  • メラノーマ (Melanoma)
  • 線維肉腫 (Fibrosarcoma)
  • 基底細胞腫 (Basal cell tumor)
  • 悪性神経鞘腫瘍 (Malignant peripheral nerve sheath tumor)
  • 乳腺種 (Papilloma)
  • 汗腺癌 (Sweat gland adenocarcinoma)
  • 皮脂腺癌 (Sebaceous adenocarcinoma)
  • その他 (Miscellaneous)

口腔にできるがん

  • 悪性黒色腫 (Malignant Melanoma)
  • 扁平上皮癌 (Squamous cell carcinoma)
  • 線維肉腫 (Fibrosarcoma)
  • 棘細胞性エナメル上皮種 (Acanthomatous Ameloblastoma)
  • その他

肝臓にできるがん

  • 肝細胞癌 (Hepatocellular carcinoma)
  • 胆管癌 (Bile duct carcinoma)
  • 神経内分泌腫瘍 (Neuroendocrine tumor)
  • 肉腫 (Sarcoma)
  • その他

犬のがんの治療法

現在、獣医領域における「がん」に対する治療は外科切除、化学療法、放射線療法の3つがメインです。そして近年では分子標的薬や免疫療法という言葉が医学で有名ですが、獣医領域においても少しずつその臨床応用に向かいつつあります。しかしながら、まだまだ「がん」に打ち勝つことは非常に難しいのが現状です。「がん」による死に抗う1番の方法は早期に発見し、早い段階で治療をすることです。「がん」は見えない部分にできることも多いですが、高齢の犬や猫で健康状態になんらかの変化が見られた場合には、動物病院に受診されることをおすすめします。

参考文献

  1. Pakhrin B, Kang MS, Bae IH, et al. Retrospective study of canine cutaneous tumors in Korea. J Vet Sci. 2007;8(3):229-236. doi:10.4142/jvs.2007.8.3.229 (Access to reference)
  2. Priester WA. Skin tumors in domestic animals. Data from 12 United States and Canadian colleges of veterinary medicine. J Natl Cancer Inst. 1973;50(2):457-466. doi:10.1093/jnci/50.2.457 (Access to reference)
  3. Brodey RS. Canine and feline neoplasia. Adv Vet Sci Comp Med. 1970;14:309-354. (Access to reference)
  4. Finnie JW, Bostock DE. Skin neoplasia in dogs. Aust Vet J. 1979;55(12):602-604. doi:10.1111/j.1751-0813.1979.tb07068.x (Access to reference)
  5. Rothwell TL, Howlett CR, Middleton DJ, Griffiths DA, Duff BC. Skin neoplasms of dogs in Sydney. Aust Vet J. 1987;64(6):161-164. doi:10.1111/j.1751-0813.1987.tb09673.x (Access to reference)
  6. Kaldrymidou H, Leontides L, Koutinas AF, Saridomichelakis MN, Karayannopoulou M. Prevalence, distribution and factors associated with the presence and the potential for malignancy of cutaneous neoplasms in 174 dogs admitted to a clinic in northern Greece. J Vet Med A Physiol Pathol Clin Med. 2002;49(2):87-91. doi:10.1046/j.1439-0442.2002.jv408.x (Access to reference)
  7. Ladds PW, Kraft H, Sokale A, Trueman KF. Neoplasms of the skin of dogs in tropical Queensland. Aust Vet J. 1983;60(3):87-88. doi:10.1111/j.1751-0813.1983.tb05880.x (Access to reference)
  8. Mukaratirwa S, Chipunza J, Chitanga S, Chimonyo M, Bhebhe E. Canine cutaneous neoplasms: prevalence and influence of age, sex and site on the presence and potential malignancy of cutaneous neoplasms in dogs from Zimbabwe. J S Afr Vet Assoc. 2005;76(2):59-62. doi:10.4102/jsava.v76i2.398 (Access to reference)
  9. Er JC, Sutton RH. A survey of skin neoplasms in dogs from the Brisbane region. Aust Vet J. 1989;66(7):225-227. doi:10.1111/j.1751-0813.1989.tb09817.x (Access to reference)