犬の慢性腎臓病




犬の慢性腎臓病の概要

腎臓は体内にある老廃物を体外に出すための大切な臓器です。何らかの原因によりこの腎臓の機能が低下すると、しっかりと老廃物を外に出すことができなくなります。慢性腎臓病は、結石症や感染、免疫異常など様々な原因によって腎臓に傷害が生じ、その機能が進行性に悪くなっていく病気です。腎臓は基本的にその機能が回復することはない臓器とされており、高齢のわんちゃんではしばしば慢性腎臓病となり腎臓の機能が低下します。腎臓は老廃物を体外に出す働きをもつので、腎臓の機能の低下はその老廃物が体内に蓄積することを意味します。すると蓄積した老廃物が悪さをすることで神経症状や消化器症状を引き起こします。獣医療における慢性腎臓病の診断は血液検査によってクレアチニンを測定することによって行います。クレアチニンが高値の場合は、腎機能の低下を示しています。また、慢性腎臓病の進行度の指標としてもクレアチニンが用いられます。現在の獣医療では慢性腎臓病を完全に治すことができないため、基本的には腎臓の障害をこれ以上進めないことと、症状が出ている場合にはそれを緩和させることが治療のメインとなります。腎療法食などは慢性腎臓病の進行を遅くするためにしばしば用いられます。また、十分に水を飲ませることで腎臓への負担を軽減することも推奨されます。


 

 

 

 

 


 

 


 

 

 




    コメントを残す