犬の胆嚢粘液嚢種




犬の胆嚢粘液嚢腫の概要

胆嚢とは肝臓のすぐ近くにある臓器で、肝臓でつくられた胆汁という消化を助ける液体を貯蔵するための臓器です。胆嚢粘液嚢腫とはこの胆嚢内の液体がゼリー状となってしまう病気です。このゼリー状の物質によって胆嚢を覆っている壁や胆嚢にいく動脈(胆嚢動脈)が圧迫されることによって胆嚢動脈が梗塞したり、胆嚢の壁が壊死します。胆嚢の壁の一部が壊死してしまった場合には、その部分がもろくなってしまい破れてしまうこともあります。すると腹腔内に胆嚢の中にある内容物が外に漏れてお腹の中で炎症を引き起こします(胆汁性腹膜炎)。

犬の胆嚢粘液嚢腫の症状

胆嚢粘液嚢腫は早期であると無症状のことも多いですが、やがてはゼリー状の物質が胆嚢内を占拠するにしたがって様々な症状を引き起こします。食欲の低下や嘔吐などがみられるほか、黄疸といった粘膜や全身の皮膚が黄色っぽくなる症状がみられます。また、胆嚢が破裂した場合には、重篤な症状が急にみられる場合もあります。

犬の胆嚢粘液嚢腫の診断法

診断は超音波検査によって行われ、胆嚢内にキウイフルーツ状の構造が見られた場合にはほとんど間違いなく胆嚢粘液嚢腫と判断できます。しかし、このような典型的な画像所見がみられないこともありますが、胆嚢壁や内容物の様子を複合的に判断して胆嚢粘液嚢腫と診断できることも多いです。

犬の胆嚢粘液嚢腫の治療法

治療は内科的に行う場合と外科的に手術をする場合とがあります。症状がなく、初期の段階であれば、内科的に胆汁の流れを良くすることで治療を行います。しかし明らかな症状が見られる場合や、超音波検査で胆嚢内にキウイフルーツ様の物質が見られる場合などでは外科的に胆嚢を除去することが行われます。また、症状がない場合であっても予防的に胆嚢を摘出するといった選択肢もあります。胆嚢は人でも摘出することがあり、わんちゃんにおいても胆嚢を摘出することによって大きな問題はあまりないといわれています。

犬の胆嚢粘液嚢腫についての捕捉

補足ですが、胆嚢粘液嚢腫を引き起こしやすくする基礎疾患というものがいくつか知られています。膵炎や副腎皮質機能亢進症(クッシング症候群)、甲状腺機能低下症、糖尿病などです。これらの疾患を持っているわんちゃんでは胆嚢粘液嚢腫が普通のわんちゃんと比べて起こりやすいため、注意しておく必要があります。

 




    コメントを残す