犬の椎間板ヘルニア

目次

犬の椎間板ヘルニアの概要

椎間板ヘルニアは、背骨の中心を走行する脊髄が圧迫されることによって、痛みや麻痺などが起こる疾患です。この病気は好発する犬種があって、ミニチュアダックスフンドがその中でも最も代表例です。みられる徴候としては、抱こうとしたときに「キャン」と痛がる、足が麻痺して引きづっている、おしっこがしっかりできないなどが挙げられます。これらの徴候は、脊髄が圧迫される程度によって、重症度が上がる傾向にあります。

犬の椎間板ヘルニアの治療法

椎間板ヘルニアの治療法は、完全に治すためには手術しか方法はありません。手術は、脊髄を圧迫している物質を取り除くといったものです。しかし、圧迫している物質をとったからといって完全に徴候が治るとは限りません。椎間板ヘルニアを発症してから、なるべく早期に手術を行えば、その分回復する可能性が高いと考えられています。また、完全に元通りとならないとしても、ある程度良くなることが多いといえます。基本的には、外科手術をお勧め致しますが、徴候が軽度であったり、金銭的な問題で手術ができない場合には、内科的な治療を行う場合があります。その場合は、ステロイドと呼ばれる薬を投与することによって炎症を抑え、痛みを緩和する方法があります。しかし、これは麻痺などを治すものではなく、また治療を行ってもいずれは悪化していくことが多いです。

LINE相談はこちらから

獣医師が無料でオンライン相談を実施しております。お気軽に尋ねください。

以下よりLINEの友だちに追加し、案内に従いご相談ください。

 

友だち追加

この記事を書いた人

【経歴】
北海道大学獣医学部卒、東京大学獣医外科研究室博士課程
米国ペンシルバニア大学 客員研究員
【所属学会・資格等】
Veterinary Cancer Society (獣医がん学会)
【得意分野】
腫瘍学、免疫学

コメント

コメントする

目次
閉じる