犬の子宮蓄膿症




犬の子宮蓄膿症の概要

子宮蓄膿症とは避妊をしていないメスのわんちゃんにしばしば発生します。6歳以上の中~高齢のわんちゃんに発生が多く、発情がみられた2ヶ月近く経過した時期(黄体期)に発症するといわれています。原因は、ホルモンなどの内分泌的な要因と肛門や陰部から細菌が侵入したことによる感染が要因として挙げられます。なお、主な原因としては前者の内分泌的な要因であると教科書的に説明されています。

犬の子宮蓄膿症の症状と診断

症状としては食欲の減退や嘔吐、発熱、腹部の膨満などがみられます。また水をたくさん飲み、おしっこをたくさん出すといった症状(多飲多尿)もみられます。診断はこれらの症状、未避妊で発情後一定期間が経っていること、血液検査や画像検査(レントゲンや超音波検査)によって行われます。

犬の子宮蓄膿症の治療法

治療は避妊と同じで卵巣と子宮を摘出することによって行うことが主流となっています。ただし、この場合には子供を産ませることが出来なくなってしまいます。どうしても子供を産ませたい場合にはお薬によって内科的に治療する方法もありますが、この方法では再発する可能性があります。また、重篤な症状を示している場合には内科的な治療では対応できない場合もあります。本疾患は症状が重篤な場合には死に至ることもあります。手術自体は避妊と同じであるため難しくはありませんが、症状が重篤となる前に動物病院での診察と治療を行うことが重要です。


 

 

 

 

 


 

 


 

 

 




    コメントを残す