原田 優眞 獣医師

経歴

2017年3月 北海道大学獣医学部獣医学科

2017年4月~ エキゾチック専門動物病院勤務

所属学会・保有資格等

エキゾチックペット研究会 Japanese Society of Exotic Animal Medicine

得意分野

エキゾチックアニマル(うさぎ、ハリネズミ、ハムスター、フェレット、デグー、鳥類など、犬猫以外の小動物)

学会発表・論文発表歴等

1. 〇原田 優眞、大津 航、佐藤 詩織、宮川 将司、山崎 淳平、佐藤 耕太、稲葉 睦:牛R664X変異AE1のERADに対するKIAA0090とTRIM28の影響

 第159回日本獣医学会学術集会 神奈川 2016年9月

2. 〇原田優眞、中田真琴、チェンバーズジェームズ、内田和幸、三輪恭嗣:ヨツユビハリネズミ (Atelerix albiventris) の顆粒膜細胞腫の8例

 日本獣医エキゾチック動物学会 症例検討会2019 東京 2019年3月

谷 章禎 獣医師

経歴

2017年3月 北海道大学獣医学部獣医学科

2017年4月~ 東京大学農学生命科学研究科 獣医学専攻 獣医内科学研究室 博士課程 

所属学会・保有資格等

American College of Veterinary Internal Medicine (アメリカ獣医内科学会)

得意分野

一般内科学、血液腫瘍学

論文発表

  1. Tani A, Yamazaki J, Nakamura K, Takiguchi M, Inaba M. Case Report: Congenital methemoglobinemia in a cat with the reduced NADH-cytochrome b5 reductase 3 activity and missense mutations in CYB5R3 Japanese Journal of Veterinary Research, vol.65 No.4, pp201-206, 2017.

表彰歴等

2017年2月 日本獣医内科学アカデミー症例検討アワード

山田 良子 獣医師

経歴

2017年3月 東京大学農学部獣医学専修 卒

2017年4月~ 東京大学大学院農学生命科学研究科 獣医学専攻 獣医動物行動学研究室 博士課程

所属学会・保有資格等

日本獣医動物行動研究会 (Japanese Veterinary Society of Animal Behavior)

得意分野

動物行動学、臨床行動学

論文発表

  1. Ryoko Yamada, Sayaka Kuze-Arata, Yasushi Kiyokawa and Yukari Takeuchi. Prevalence of 17 feline behavioral problems and relevant factors of each behavior in Japan. Journal of Veterinary Medical Science; 82: pp. 272-278, 2020
  2. Ryoko Yamada, Sayaka Kuze-Arata, Yasushi Kiyokawa and Yukari Takeuchi. Prevalence of 25 canine behavioral problems and relevant factors of each behavior in Japan. Journal of Veterinary Medical Science; 81: pp. 1090-1096, 2019
  3. Ryoko Yamada, Le Hong Thuy Tien, Sakura Arai, Mari Tohya, Kasumi Ishida-Kuroki, Ryohei Nomoto, Hyunjung Kim, Eriko Suzuki, Ro Osawa, Takayasu Watanabe and Tsutomu Sekizaki. Development of PCR for identifying Streptococcus parasuis, a close relative of Streptococcus suis. Journal of Veterinary Medical Science; 80: pp. 1101-1107, 2018
  4. Sakura Arai, Mari Tohya, Ryoko Yamada, Ro Osawa, Ryohei Nomoto, Yoshiaki Kawamura, Tsutomu Sekizaki. Development of loop-mediated isothermal amplification to detect Streptococcus suis and its application to retail pork meat in Japan. International Journal of Food Microbiology; 208: pp. 35-42, 2015

学会発表

  1. 山田良子、久世明香、清川泰志、武内ゆかり. 柴犬における唸りや咬みを伴う尾追い行動の特徴及び関連要因の解析. 第16回日本獣医内科学アカデミー学術大会, 神奈川, 2020年2月 (口頭、査読無)
  2. 山田良子、荒田明香、清川泰志、武内ゆかり. 日本の家庭猫における問題行動-ウェブアンケートを用いた発症率及び発症要因の調査-. 第25回ヒトと動物の関係学会学術集会, 神奈川, 2019年3月 (口頭、査読有)
  3. 山田良子、荒田明香、清川泰志、武内ゆかり. 日本の家庭犬における問題行動の発症率および発症要因に関する調査. 第161回日本獣医学会学術集会, 茨城, 2018年9月 (口頭、査読無)
  4. 金炫呈、新井沙倉、渡辺孝康、遠矢真理、鈴木詠律子、小方奈知子、山田良子、堂崎真一、Tan Hung Vo、Thi Phuong Binh Nguyen、Ngoc Hai Nguyen、関崎勉. 日本・ベトナムのブタ口腔内細菌叢解析と養豚場内Streptococcus suisの分布調査. 第160回日本獣医学会学術集会, 鹿児島, 2017年9月 (口頭、査読無)
  5. 金炫呈、新井沙倉、渡辺孝康、遠矢真理、鈴木詠律子、小方奈知子、山田良子、堂崎真一、Tan Hung Vo、Thi Phuong Binh、Ngoc Hai Nguyen、関崎勉. 日本、ベトナム養豚場内における豚レンサ球菌の分布とブタ口腔内細菌叢の比較. 第49回レンサ球菌研究会, 新潟, 2017年6月 (口頭、査読無)
  6. 山田良子、新井沙倉、Le Hong Thuy Tien、金炫呈、鈴木詠律子、野本竜平、渡辺孝康、大澤朗、関崎勉. Streptococcus parasuis検出を目的としたPCR法の開発と新たに分離した野外株の性状調査. 第1回獣医微生物学フォーラム, 東京, 2017年3月 (口頭、査読無)
  7. 金炫呈、新井沙倉、渡辺孝康、遠矢真理、鈴木詠律子、 小方奈知子、山田良子、堂崎真一、関崎勉. ブタの成育段階ごとの口腔内 および飼育環境の細菌叢調査. 第1回獣医微生物学フォーラム, 東京, 2017年3月 (口頭、査読無)
  8. 山田良子、新井沙倉、Le Hong Thuy Tien、野本竜平、渡辺孝康、大澤朗、関崎勉. Streptococcus parasuis検出を目的としたPCRの開発と野外からのS. parasuis分離への応用. 第159回日本獣医学会学術集会, 神奈川, 2016年9月 (口頭、査読無)
  9. 新井沙倉、Hyunjung Kim、遠矢真理、渡辺孝康、鈴木詠律子、山田良子、堂崎真一、関崎勉. 豚個体・飼育環境中のStreptococcus suis 検出用real-time PCRの開発. 第48回レンサ球菌研究会, 長崎, 2016年7月 (口頭、査読無)
  10. 新井沙倉、Hyunjung Kim、遠矢真理、渡辺孝康、鈴木詠律子、山田良子、堂崎真一、関崎勉. Streptococcus suis特異的real-time PCR法の開発と豚個体・飼育環境への応用. 第89回日本細菌学会総会, 大阪, 2016年3月 (口頭、査読有)
  11. 新井沙倉、Hyunjung Kim 、遠矢真理、渡辺孝康、 鈴木詠律子、山田良子、堂崎真一、関崎勉. Streptococcus suis特異的real-time PCR法の 開発と豚個体・飼育環境への応用: 第89回日本細菌学会総会, 大阪, 2016年3月 (ポスター、査読無)
  12. 新井沙倉、遠矢真理、山田良子、野本竜平、大澤朗、関崎勉. 市販豚肉・内臓肉からのStreptococcus suis 分離と豚肉汚染ルートの推定. 第47回レンサ球菌研究会, 宮崎, 2015年7月 (口頭、査読無)

表彰歴等

第25回ヒトと動物の関係学会学術集会奨励賞

吉田 大実 獣医師

経歴

2017年3月 北海道大学獣医学部獣医学科

2017年4月~ 一般開業病院(大阪)勤務

2019年4月~ 麻布大学附属動物病院勤務

所属学会・保有資格等

日本獣医がん学会

日本獣医麻酔外科学会

得意分野

一般外科学、腫瘍学

学会発表

  1.  〇Yoshida H, Hoshino Y, Izumi Y, Yoshimoto S, Takagi S. Evaluation of methods to isolate canine monocytes from peripheral blood and induction of their differetiation into macrophages. The Sixth Annual Congress of Asian Society of Veterinary Surgery Meeting, Fukuoka, Japan, December 2016.
  2. 〇伊丹貴晴、華園究、道下明日香、吉田大実、吉本翔、高木哲:健康ビーグル犬におけるコルホルシンダロパートの循環動態への効果. 第93回日本獣医麻酔外科学会 福岡 2016年12月
  3. 〇伊丹貴晴、華園究、吉田大実、吉本翔、工藤綾乃、高木哲:呼吸性アシドーシスモデルビーグル犬におけるコルホルシンダロパートの循環動態への効果. 第94回日本獣医麻酔外科学会 埼玉 2017年6月

吉本 翔 獣医師

経歴

2017年3月 北海道大学獣医学部獣医学科

2017年4月~ 東京大学農学生命科学研究科 獣医学専攻 獣医外科研究室 博士課程 

2017年8月~2018年8月 夜間救急動物病院 非常勤獣医師

2018年8月~ 米国ペンシルバニア大学 客員研究員

所属学会・保有資格等

Veterinary Cancer Society (獣医がん学会)

得意分野

腫瘍学、免疫学

論文発表

  1. Yoshimoto S, Hoshino Y, Izumi Y, Takagi S. α-Smooth muscle actin expression in cancer-associated fibroblasts in canine epithelial tumors. Japanese Journal of Veterinary Research, vol.65 No.3, pp135-144, 2017.
  2. Kiname K*, Yoshimoto S*, Kato D, Tsuboi M, Tanaka Y, Yoshitake R, Eto S, Shinada M, Chambers J, Saeki K, Kinoshita R, Yamada S, Uchida K, Kaneko M, Nishimura R, Kato Y, Nakagawa T. Evaluation of immunohistochemical staining with PMab-38, an anti-dog podoplanin monoclonal antibody, in various canine tumor tissues. Japanese Journal of Veterinary Research, vol.67 No.1, 25-34, 2019. ※Kiname K and Yoshimoto S equally contributed as first author
  3. Yoshimoto S, Kato D, Kamoto S, Yamamoto K, Tsuboi M, Shinada M, Ikeda N, Tanaka Y, Yoshitake R, Eto S, Saeki K, Chambers J, Kinoshita R, Uchida K, Nishimura R, Nakagawa T. Detection of human epidermal growth factor receptor 2 overexpression in canine anal sac gland carcinoma. J Vet Med Sci, 81 (7), 1034-1039, 2019.
  4. Yoshimoto S, Kato D, Kamoto S, Yamamoto K, Tsuboi M, Shinada M, Ikeda N, Tanaka Y, Yoshitake R, Eto S, Saeki K, Chambers J, Kinoshita R, Uchida K, Nishimura R, Nakagawa T. Immunohistochemical evaluation of HER2 expression in canine thyroid carcinoma. Heliyon, 5 (7), e02004, 2019.
  5. Eto S, Saeki K, Yoshitake R, Yoshimoto S, Shinada M, Ikeda N, Kamoto S, Tanaka Y, Kato D, Maeda S, Tsuboi M, Chambers J, Uchida K, Nishimura R, Nakagawa T. Anti-tumor effects of the histone deacetylase inhibitor vorinostat on canine urothelial carcinoma cells. PLoS One, 14 (6), e0218382, 2019.

学会・シンポジウム発表

  1. Yoshimoto S, Haran KP, Covo M, Mason NJ. Comparison of different intracellular signaling domains in canine chimeric antigen receptor T cells. The Annual Conference of the Veternary Cancer Society, Houston, TX, USA, October 2019.
  2. Yoshimoto S, Haran KP, Covo M, Mason NJ. Optimizing genetically modified T cell function for durable remission of canine lymphoma. The 1st ToBeST symposium, Seoul, Korea, November 2019.
  3. Yoshimoto S, Kato D, Yamamoto K, Kamoto S, Tsuboi M, Shinada M, Ikeda N, Tanaka Y, Yoshitake R, Eto S, Chambers J, Saeki K, Kinoshita R, Uchida K, Nishimura R, Nakagawa T. Overexpression of HER2 in canine anal sac adenocarcinoma. The Annual Conference of the Veterinary Cancer Society, Louisville, KY, USA, October 2018.
  4. Yoshimoto S, Hoshino Y, Aoshima K, Izumi Y, Yoshida H, Takagi S. Isolation of cancer-associated fibroblasts from canine anal sac adenocarcinoma. The Sixth Annual Congress of Asian Society of Veterinary Surgery Meeting, Fukuoka, Japan, December 2016.
  5. 〇Kiname K, Kato D, Yoshimoto S, Tanaka Y, Yoshitake R, Eto S, Shinada M, Tsuboi M, Chambers J, Uchida K, Saeki K, Kaneko MK, Nakagawa T, Kato Y, Nishimura R. Detection of tumor specific expression of podoplanin by PMab-38 in various tumors. Annual meeting of Veterinary cancer society, Oregon, USA, October 2017.
  6. 〇Yoshida H, Hoshino Y, Izumi Y, Yoshimoto S, Takagi S. Evaluation of methods to isolate canine monocytes from peripheral blood and induction of their differetiation into macrophages. The Sixth Annual Congress of Asian Society of Veterinary Surgery Meeting, Fukuoka, Japan, December 2016.
  7. 〇Eto S, Saeki K, Yoshitake R, Yoshimoto S, Nakagawa T, Nishimura R. The anti-tumor effect of  the histone deacethylase inhibitor vorinostat on canine transitional cell carcinoma cells. The 9 th Joint Symposium of Veterinary Research in East Asia, Seoul, Feburuary 2018.
  8. 吉本翔、星野有希、和泉雄介、青島圭介、高木哲:イヌのがん関連線維芽細胞の分離と性状解析. 第159回日本獣医学会学術集会 神奈川 2016年9月
  9. 〇加藤大貴、谷口智憲、守井賢二、吉本翔、木滑黄平、吉竹涼平、田中由依子、世良田聡、仲哲治、木之下怜平、佐伯亘平、中川貴之、河上裕、西村亮平:イヌ新規腫瘍抗原グリピカン-1を標的としたキメラ抗原受容体遺伝子導入T細胞は正常組織への副作用なく強い抗腫瘍活性を示す. 第160回 日本獣医学会学術集会 鹿児島 2017年9月
  10. 〇伊丹貴晴、華園究、道下明日香、吉田大実、吉本翔、高木哲:健康ビーグル犬におけるコルホル シンダロパートの循環動態への効果. 第93回日本獣医麻酔外科学会 福岡 2016年12月
  11. 〇伊丹貴晴、華園究、吉田大実、吉本翔、工藤綾乃、高木哲:呼吸性アシドーシスモデルビーグル犬におけるコルホルシンダロパートの循環動態への効果. 第94回日本獣医麻酔外科学会 埼玉 2017年6月
  12. 〇吉竹涼平、衛藤翔太郎、佐伯亘平、田中由依子、加藤大貴、吉本翔、西村亮平、中川貴之:BrafV595E 変異犬尿路上皮癌におけるプロスタグランジンE2産生と細胞増殖を標的とした薬剤スクリーニング. 平成29年度文部科学省進学術領域研究 学術研究支援基盤形成 先端モデル動物支援プラットフォーム成果発表会 滋賀県 2017年1月

表彰歴等

2017年3月 日本獣医師会長賞受賞(大学を次席で卒業)

2019年6月 Best Poster 3rd Place at Penn Vet’s Annual Faculty Research Retreat (ポスター賞)