胃拡張・胃捻転症候群




胃拡張・捻転症候群とは?

胃拡張・捻転症候群とは(gastric dilatation colvulv;GDV)とは、胃が捻じれてしまい(捻転)、胃内のガスがどんどん貯まり、胃が著しく拡張する病気です。この病気はボルゾイなどの深胸犬(胸が縦に長い犬)と呼ばれる犬種にしばしば発生する怖い病気です。この病気で一番注意することは、早急に対処しないと死に至るということです。胃の捻転と拡張が重度になると、胃へとつながる血管がねじれてしまい、血液循環が異常になってしまいます。これによって急激に低血圧となってしまったり、臓器の障害が生じます。また、経過も早く、わんちゃんの具合が一気に悪くなり、死に至るケースも少なくありません。

治療

もしも、胃拡張・捻転症候群になった場合には、早急に動物病院に行って治療を行う必要があります。具体的には、胃のガスを抜くことと、輸液などによって全身の状態を改善させる必要があります。これによってわんちゃんの状態はある程度良くなる可能性がありますが、治療の介入が遅れると、死に至るケースも少なくないと言われています。また、胃拡張・捻転症候群は再発する可能性も少なくありませんので、その場合は手術を行う必要があります。手術は、糸を用いて胃をお腹に固定するといったものです。これによって胃が再び捻転することを防ぐことができます。深胸犬を飼っている場合には、この病気にかかるリスクを頭に入れておきましょう。また、わんちゃんの具合が急激に悪くなった場合には、早急に病院に行くことをお勧めします。




    コメントを残す