猫ちゃんの健康のために避けて通れないのが“通院”。動物病院に連れて行きたいのになかなかキャリーに入ってくれないと困ってしまいますよね。無理やり入れようとすると大変ですし、猫ちゃんにとってもストレスになってしまいます。

 今回は、猫ちゃんにキャリーを好きになってもらい、自分からキャリーに入ってもらうための練習方法をご紹介します。

キャリーの選び方

 キャリーの形にはいろいろありますが、動物病院に行くのであれば上側が大きく開くタイプや天井部分を外せるタイプのキャリーがお勧めです。動物病院という慣れない環境では、キャリーから出たがらない子も少なくありません。上側を開けられるキャリーであれば、そっと開けて猫ちゃんをバスタオルで包んで安心させたり、キャリーの中で処置したりしやすくなり、猫ちゃんにとっての負担が少なくなります。

キャリーに入ってもらうための練習方法

【ステップ1. キャリーの蓋を開けてお部屋に置いておく】

 キャリーへの警戒心を解くため、キャリーは普段から扉を開けて猫ちゃんのいるお部屋に置いておきます。キャリーの中には猫ちゃんの匂いがついたタオルを入れておくことをお勧めします。

 キャリーに慣らすポイントは、絶対に無理やり入れないことです。猫ちゃんが自分からキャリーに入っても、まだ扉は閉めないでくださいね。

【ステップ2. キャリーの中でフードやおやつをあげる】

 スムーズにキャリーに入ってもらうためには、「キャリーに入ると嬉しいことがある」と猫ちゃんに学んでもらう必要があります。キャリーの中でフードやおやつをあげて、キャリーを猫ちゃんにとって“美味しいものがもらえる大好きな場所”にしていきます。警戒するようであれば、最初はキャリーの手前であげるところから始めてみてください。

【ステップ3. キャリーを閉めてみる】

 猫ちゃんがキャリーの中での食事に慣れてきたら、食べている最中に少しだけ扉を閉めてみてください。最初は扉に触るくらいで大丈夫です。焦らず、猫ちゃんの反応を見ながら数日かけて徐々に扉を閉めていきます。完全に閉められるようになったら、少しずつ閉めている時間を長くしてみてくださいね。

【ステップ4. キャリーでの移動に慣らす】

 完全に扉を閉められるようになったら、キャリーに入れたまま家の中をお散歩してみてください。キャリーでの移動に慣れるための練習です。最初は数分から始めてください。

練習のポイント&まとめ

 キャリーに入ってもらう練習のコツは、ずばり焦らないことです!数日で慣れさせようと思わずに、時間をかけて取り組むことがポイントです。

 猫ちゃんの反応を見ながら練習を進め、ストレスの少ない通院を目指しましょう!

参考文献

・水越美奈監修 2018. イヌとネコの問題行動の予防と対応, 第一版, 緑書房.

・International Cat Care 2018. (https://icatcare.org/advice/taking-your-cat-to-the-vet/)