僧帽弁閉鎖不全症




キャバリア

僧帽弁閉鎖不全症の解説動画

僧帽弁閉鎖不全症の概要

僧帽弁閉鎖不全症は、犬の心臓病の中でもしばしばみられる疾患で、小型犬とキャバリアに好発するといわれています。中型犬でもみられることもあるが、大型犬ではまれであるとされています。僧帽弁とは、心臓の左心房と左心室の間にある弁で、心臓が血液を全身に送り出すときに左心室から左心房へ血流が逆流しないための役割を担っています。しかし、加齢性の変化によって、この僧帽弁がしっかりと弁の役割を果たせなくなり、一部血液が左心房へ逆流してしまいます。この逆流によって左心房が拡大したり、全身へ送り出す血流量が減少したりします。

僧帽弁閉鎖不全症の臨床徴候

僧帽弁閉鎖不全症は、初期で逆流が軽度であれば、あまり臨床徴候は示しません。しかし、血液の逆流量が多くなると、運動後に疲れやすい、咳が出る、呼吸が早いなどの臨床徴候がみられます。さらに逆流が重度になると、左心房が拡大し、肺水腫と呼ばれる病態へと進行すると、呼吸が極めて苦しい状態になります。このような状態になると、チアノーゼ状態になったり、重度の発咳、場合によって失神したりなど重篤な臨床徴候を示すことがあり、場合によっては死に至るケースも少なくありません。

僧帽弁閉鎖不全症の診断

僧帽弁閉鎖不全症によって、僧房弁に逆流が生じている場合には、聴診によって心臓の雑音が聴取されます。雑音の大きさに応じて、僧帽弁閉鎖不全症がどの程度悪いかを推測することができます。しかし、実際にどれくらい悪い状態なのか、そして治療をすべきかどうかについて把握するためには、レントゲン検査や超音波検査を実施する必要があります。特に僧帽弁閉鎖不全症の検査で最も有用と考えられているのが、心臓の超音波検査です。これによって血液の逆流がどれほどあるのか、逆流によって心臓の形態がどれほど変化しているのかなどを把握することができます。

僧帽弁閉鎖不全症の治療

僧帽弁閉鎖不全症の治療は、臨床徴候や各種画像検査を総合して実施します。特に、ACVIMと呼ばれるアメリカの団体によって定めらえれたステージ分類によって、僧帽弁閉鎖不全症が現在どのステージにあるかを分類し、それに応じて適した治療を行います。具体的な治療内容には、心臓の機能を改善する薬や、肺のうっ血を防ぐためのお薬などを使用します。多くの場合、内科的治療を駆使することで、病態の進行を抑え、臨床徴候を和らげますが、外科的手術によって弁の逆流を治す方法もあります。外科的治療に関しては、全国でもまだまだ一部の動物病院でしか実施されていない高度な技術で、治療額も極めて高額です。しかしながら、外科的治療は内科的治療とは異なり、根治を目指す治療であるため、手術費用が支払えるのであれば、考慮してもいいかもしれません。




    コメントを残す