ウサギの角膜閉塞症候群




うさぎの角膜閉塞症候群の概要

(別名:結膜偽翼状片、角膜閉塞症、Pseudopterygium)

飼われているウサギちゃんの「黒目が小さく」なってはいませんか?ウサギの眼は外から見ると大きな黒目が印象的だと思いますが、まぶたを閉じている訳ではないのに、この黒目の部分が小さく見える病気があります。

「角膜閉塞症候群 」

この病気は原因は不明ですが、ウサギ(特にドワーフ種)で起こる病気です。眼の中の結膜という膜が異常に伸びてしまうことで起こります。 また、1歳未満の若いウサギや雄のウサギで発症が多いと言われています。

うさぎの角膜閉塞症候群の症状

症状としては目が充血し、赤く見えることもあります。これは、本人が気にせずに生活を送れているうちは問題はないのですが、

  • 視覚障害(眼がみえにくい)
  • 結膜炎(眼の痛みや不快感)

などの症状が現れてくると治療する必要があります。

うさぎの角膜閉塞症候群の治療法

外科的に切除するのが一般的となります。しかし、再発を起こしやすいため何度も治療することになるかもしれません。また、再発を起こしにくくする(かもしれない)薬も同時に使用することもあります。

うさぎの角膜閉塞症候群のまとめ

  • 角膜閉塞症候群は原因不明のウサギのみで起こる再発の多い病気です。
  • 結膜が伸びることで黒目が小さくなります。
  • 痛みなどが出ると、外科的に切除することで治療する必要があります。




    コメントを残す