犬の疥癬




犬の疥癬の概要

疥癬って言葉を聞くと痒そうなイメージをもつ方は多いのではないでしょうか。そのイメージ通り、疥癬は動物で痒みを引き起こす病気です。原因はヒゼンダニと呼ばれるダニの一種が皮膚に寄生することによって起こります。主に顔面や耳の周り、肘、四肢、お腹の皮膚に寄生し、強い痒みや毛が抜けたりといった症状を示します。自分の大事なわんちゃんが痒がったり毛が抜けたりするのを見ることはつらいと思います。そのような症状が見られた場合には、動物病院で皮膚検査をしてもらうことが良いでしょう。具体的には痒がっている病変の一部を少し引っかいて皮膚の破片を顕微鏡で観察するといったものです。顕微鏡でヒゼンダニが見つかれば診断され、次は治療を行います。

犬の疥癬の治療

治療はシャンプーで皮膚を清潔に保つこととダニを除去するために駆虫薬を使用します。しっかりと治療を行うことで寄生虫を退治することができ、症状も消失する病気です。なお、ボーダーコリーなど一部の犬種では使う薬剤が効きすぎるために副作用が見られる場合もあるそうです。ヒゼンダニは接触によって動物から動物に感染してしまう病気であるため、自分のわんちゃんが感染した場合には他のわんちゃんとの接触は避けるように心がけましょう。


 

 

 

 

 


 

 


 

 

 




    コメントを残す