皮膚腫瘍

目次

皮膚に発生する犬の腫瘍(発生頻度順)

  1. 肥満細胞種(16.8%)
  2. 脂肪腫(8.5%)
  3. 組織球腫(8.4%)
  4. 肛門周囲腺腫(7.8%)
  5. 皮脂腺過形成/皮脂腺腫(6.5%)
  6. 扁平上皮癌(6.0%)
  7. 悪性黒色腫(5.6%)
  8. 線維肉腫(5.4%)
  9. 基底細胞腫瘍(5.0%)
  10. 悪性末梢神経鞘腫瘍(4.3%)
  11. 乳頭腫(2.8%)
  12. 汗腺腺癌(1.1%)
  13. 皮脂腺癌(0.5%)

※参考文献:Clinical oncology 5th edition, p.306

皮膚に発生する猫の腫瘍(発生頻度順)

  1. 基底細胞腫瘍(23.0%)
  2. 肥満細胞種(16.5%)
  3. 扁平上皮癌(10.4%)
  4. 線維肉腫(17.9%)
  5. アポクリン腺腫(3.4%)
  6. 脂肪腫(3.3%)
  7. 血管肉腫(2.9%)
  8. 皮脂腺腫(2.8%)
  9. 線維腫(2.7%)
  10. 血管腫(1.7%)
  11. 悪性黒色腫(1.7%)
  12. 悪性線維性組織球症(0.7%)

※参考文献:Clinical oncology 5th edition, p.306

 

 

 

 

LINE相談はこちらから

獣医師が無料でオンライン相談を実施しております。お気軽に尋ねください。

以下よりLINEの友だちに追加し、案内に従いご相談ください。

 

友だち追加

この記事を書いた人

【経歴】
北海道大学獣医学部卒、東京大学獣医外科研究室博士課程
米国ペンシルバニア大学客員研究員
【所属学会・資格等】
eterinary Cancer Society(獣医がん学会)
【得意分野】
腫瘍学、免疫学

コメント

コメントする

目次
閉じる