変形性脊椎症

目次

変形性脊椎症の概要

  • 脊椎の不安定に伴って生じる骨の増殖症
  • 椎体の腹側で2椎体がつながるように増殖
  • 中年齢から高年齢の犬で多発

変形性脊椎症の臨床徴候

  • たいていは無徴候!
 ※偶発所見として見つかることが多い!
  • 疼痛、麻痺
  →変形した骨が脊髄に触れた場合!
   ※変形の多くは脊柱管内には影響しない!

変形性脊椎症の診断

  • X線検査→椎体を架橋するように骨が伸長(主に腹側)
  ※最終的には完全に一体化することもある
  • CT検査・MRI検査→脊髄への圧迫の有無を確認、他疾患(椎間板ヘルニア)の有無を確認
変形性脊椎症の治療
  • 脊髄と神経根とが接する部分を切削→椎弓切除、椎体部分切除
  • 脊椎固定(脊椎の不安定があるため)

LINE相談はこちらから

獣医師が無料でオンライン相談を実施しております。お気軽に尋ねください。

以下よりLINEの友だちに追加し、案内に従いご相談ください。

 

友だち追加

この記事を書いた人

【経歴】
北海道大学獣医学部卒、東京大学獣医外科研究室博士課程
米国ペンシルバニア大学客員研究員
【所属学会・資格等】
eterinary Cancer Society(獣医がん学会)
【得意分野】
腫瘍学、免疫学

コメント

コメントする

目次
閉じる